赤ちゃんの成長と発育
赤ちゃんは出産後すぐにこの世界の生活環境に対応しようと驚くべきスピードで成長を続けます。赤ちゃんを初めて出産されたママ…赤ちゃんの発育を理解してあげてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤ちゃんがママのおなかから生まれて出てくる際
ママのおなかの中の体温と外気温との温度差に対応できるよう

赤ちゃんの皮膚には胎脂と呼ばれる白くべったりとした
ラードのような脂肪がついて生まれてきます。

その脂肪によって胎脂が赤ちゃんの皮膚から
熱や水分が奪われすぎるのを防いでくれる訳ですが

昔は赤ちゃんの出産後すぐに産湯を使って
赤ちゃんのからだをきれいにしていました。

しかし最近ではこの胎脂の役割が医学的に理解されてきたために
赤ちゃんのからだをキレイにするため産湯は使われなくなりました。

また赤ちゃんのからだにはもうひとつの工夫があり

それは大人にはない褐色脂肪と呼ばれる熱を効率よく作り出す
脂肪細胞が赤ちゃんのからだには豊富にあり、

この細胞が熱を効率よく作り出すことで
赤ちゃんの体温の低下を防いでくれるのです。

お母さんの胎内からこの世界に生まれでてから
なんとか呼吸と体温調節が上手くでき始めた赤ちゃん。

赤ちゃんが元気なからだで呼吸をして体温の調節を保っていくためには
これからまだまだやらなければならないことがたくさんあるのです…

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆ - ジャンル:育児

赤ちゃんは出産時に産声を上げることにより
自分自身の力で無事に呼吸を始めることができました。

長くてつらい出産を終えられたママにとっては
赤ちゃんの産声はホッと気が和む瞬間ですね。

赤ちゃんが最初に産声を上げ呼吸を始めたあと次に行うことは
赤ちゃん自身が自分で体温を調節することです。

ママの子宮内部はだいたい37度くらいに温度が調節されており
出産時の分娩室も暖かい温度に設定されているとはいえその温度は体温以下!

これまでママの温かいおなかの中で生活し自分で体温を調節したことのない
赤ちゃんにとってはまさに真冬並みの寒さを感じるのでは?と思ってしまいます。

生まれたばかりでまだ自分で体温の調節ができない赤ちゃんにとって
出産時の温度差に対応するということはとても大変なことなのです。

でもその点は心配ご無用です!

自然というのはうまくできているもので

出産時の赤ちゃんの皮膚には胎脂という白くべったりとしたラードのような
脂肪がついて生まれ出ることで温度差の違いに対応ができるのです。

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

赤ちゃんは生まれるとすぐにこの世界の生活環境に対応するために
自分で呼吸をしながら体温を保ち、また母乳やミルクを飲むことなど

赤ちゃんにとってすべてが初めての経験となり
これまでママのおなかにいたときの生活とは一変します。

しかもこの世界にはママのおなかのなかにはいなかった
細菌やウイルスなど病気という赤ちゃんへの危険性も待ち受けています。

しかしママのおなかから生まれたばかりの赤ちゃんに
戸惑っている時間の余裕など一切ありません。

ママのおなかから生まれたばかりの赤ちゃんが
まず最初に行わなければならないこと…

それは自分自身の肺に空気を入れることです。


これまでママの体内で成長を続けた赤ちゃんは
子宮の中で羊水を肺の中にいれ呼吸をしていたため

その羊水が出てしまう出産と同時に肺に空気を入れて
自分で呼吸をする必要があるのです。

生まれて最初に聞こえる赤ちゃんの「オギャー」という泣き声は
羊水で満たされている肺に空気を送り込んでそれを吐き出すときに出る声。

そう産声といわれるものです!

生まれたときに赤ちゃんは何故泣くの…?と
ちょっと不思議に感じられるかもしれませんが

このときの赤ちゃんの泣き声は通常生活しているときの
「泣きやませてほしい!」というサインではなく

出産時に起こる泣き声は産声と呼ばれる例外的なものなのです。

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

赤ちゃんにとって妊娠からこの世界に生まれてくるまで
ママの母体で過ごす期間はなんと40週間!

赤ちゃんはママの体内で妊娠から出産までの
10ヶ月余りをすくすくと元気に成長してきました。

赤ちゃんの出産はママにとってはこれまで大変つらかった
おなかの中に抱えた赤ちゃんとの二人三脚の生活からの解放でもあります。

しかし、赤ちゃんにとってはこれまで温かく居心地のよかったママの子宮から
まぶしくて賑やかなこの世界に飛び出してきたのですからもう大変!

赤ちゃんは今後この世界で生活していくためにいろいろなことを経験し
身に付けることで環境に対応していかなければなりません。

大人にとってはあたりのように感じられますが
呼吸すること、自分の体温を保つこと、また母乳やミルクを飲むこと。

どれをとっても生まれたばかりの赤ちゃんにとっては
初めてのレパートリーばかりでこれから大変な毎日がスタートするのです。

テーマ:初めての妊娠・出産・育児 - ジャンル:育児

赤ちゃんの成長と発育TOPページへ
[PRサイト]COACH激安!通販妊娠線予防クリーム最高級ワイン|

カテゴリー

赤ちゃん育児情報

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

産後のダイエット情報

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。