赤ちゃんの成長と発育
赤ちゃんは出産後すぐにこの世界の生活環境に対応しようと驚くべきスピードで成長を続けます。赤ちゃんを初めて出産されたママ…赤ちゃんの発育を理解してあげてね。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤ちゃんはママのおなかの中では栄養分と同じように
成長に必要な酸素も胎盤からへその緒を通してもらっていました。

しかし出産によりママのおなかから出てきた赤ちゃん
自分自身でこれから呼吸していかなければなりません。

ママのおなかの中では赤ちゃんの肺には羊水がつまっており
肺を通っている血管はまったく仕事をしていないため 

肺動脈という肺に血液を送りだす大血管のスタート地点に
大きな穴が開いており肺静脈に直接血液が送られていました。

つまりママの体内での赤ちゃんの心臓には
右心房と左心房との壁に血液を通す穴があいているのです。

しかし赤ちゃんの肺に「オギャー」と産声をあげた瞬間に空気が入ると
取り入れられた酸素を肺の血管に運ぶように働きはじめます。

赤ちゃんにとってそうなると生まれてきた瞬間に肺に血液が流れるため
生まれた後は心臓の大きな穴はむしろないほうがいいのです。

そのため赤ちゃんが生まれた後は次第にこの穴が閉じ始め
生後数ヶ月もすると完全に閉じてしまうのです。

ただ赤ちゃんの体内の進化は外からは見えないため

その穴が数ヶ月経ってもうまく閉じない
動脈管開存というトラブルにみまわれることも稀にあります。

ママの体内と比べ劇的に変化した外の環境に対応しようと
生まれてすぐの赤ちゃんはまさに生き抜くために全力投球!

元気に生まれた赤ちゃんであっても体重が減ることが最初にありますが

それは余分な赤ちゃんの体内の水分が減少するだけでなく
生き抜くためにがんばる赤ちゃんの大奮闘が大きく関係しているのです!
スポンサーサイト

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

生まれたばかりの赤ちゃんにとって一番難しいこと!

それは赤ちゃんが自分の力でママの乳首や哺乳ビンから
栄養源でもある母乳やミルクを吸って飲むという行動です。

ママの乳首や哺乳びんから母乳やミルクを飲むとき

もちろん赤ちゃんは息をしながら乳首に吸い付き
母乳やミルクを肺に入れないように飲んでいるのですが

その乳首を吸って飲んでいる最中も呼吸をしなければなりません。

大人にとっては当たり前のことでとても簡単に感じられがちなのですが
赤ちゃんにとってこの行動は思っているよりもとても難しいことなのです。

しかも赤ちゃんがママからの母乳やミルクを飲むためには
まずおっぱいや哺乳ビンの乳首を赤ちゃんの口に含ませる必要があり

赤ちゃんの口元に乳首を運んだところで必ず吸って飲んでくれるかどうか
ママにとって少々不安に感じられるかもしれません。

でもご心配はいりません!

生まれたばかりの赤ちゃんには自然の力が備わっており
ルーティング反射といわれる反射行動によって

赤ちゃんは自分の頬に何かを感じると顔をそちらに向け
唇をその近くにもっていこうとする習性があります。

その習性によって赤ちゃんの唇に乳首があたると吸啜反射が起こり
ママのおっぱいや哺乳ビンの乳首を口にふくみ吸い始めるというわけです。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

赤ちゃんが生まれてから成長を続けていくうえで
必要な栄養源といえばママの母乳(ミルク)。

赤ちゃんはママの母乳(ミルク)を飲むことでそれに含まれる糖分(乳糖)や
脂肪を分解しブドウ糖や果糖に変えてエネルギー源としています。

そのため赤ちゃんは生まれてすぐに母乳(ミルク)から
栄養分が吸収できるよう消化管を動かす必要があります。

胎内にいるときも赤ちゃんは羊水を飲んでその練習はしているのですが、

出産によってお母さんの体内から外に出た赤ちゃんは
ママの母乳(ミルク)を食道から胃、腸へと運ばなければなりません。

でも赤ちゃんの消化管って生まれてすぐ動いてくれるのかな…って
少々心配になりますが大丈夫!

赤ちゃんは生まれるとまず腸が動いて真っ黒の胎便と呼ばれる
羊水の残りを腸外に出す以外に必要な消化液を分泌し始めるなど、

消化管は生まれるとすぐにその働きを始め
赤ちゃんはママの母乳(ミルク)を受け入れる準備を整えるのです。

生まれてすぐの赤ちゃんは自然に備わった力に導かれて
消化管が働きママの母乳(ミルク)を飲むことができるのです。

テーマ:ママのお役立ち情報 - ジャンル:育児

赤ちゃんがママの体内にいるときは胎盤を経由して
成長に必要なエネルギーをすべてママの血液からもらっていました。

ママの血液からもらっていたエネルギーのもとはブドウ糖と呼ばれるもので
赤ちゃんはそれを細胞内で分解しその化学エネルギーで成長を続けていました。

しかし出産によってへその緒が切られてしまった赤ちゃんは
これから生活していくために自分自身でエネルギーを作り出さなければなりません。

ではいったいどこから成長に必要とされるそのエネルギーを
赤ちゃんはこれから摂取していくのでしょうか…

答えは簡単ですね。そう!ママからの母乳(ミルク)です。

赤ちゃんはママの母乳(ミルク)を飲むことで

それに含まれる糖分(乳糖)や脂肪を分解しブドウ糖や果糖に変えることで
元気に成長を続けこの世界で生活していくためのエネルギー源とするのです。

テーマ:母乳育児 - ジャンル:育児

赤ちゃんの成長と発育TOPページへ
[PRサイト]COACH激安!通販妊娠線予防クリーム最高級ワイン|

カテゴリー

赤ちゃん育児情報

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

産後のダイエット情報

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。